• M.Kawakami

Godoxソフトボックス 60cm×60cm(1)


こんにちは、今日はソフトボックスについて紹介します。

これまで仕事(ポートレート撮影)で傘を多用してきましたが、持ち運びには便利でも光質がイマイチでした。それでも今まで販売されていた、傘型のソフトボックスはセットもクリップオンストロボの光量調整もメンドくさい。

色々と考えあぐねたのですが、一年ほど前からGodoxのソフトボックス60×60を投入したので、今回はこれまで使用した感想と改善点を書きます。

結論から言うと、今では傘を持っていくことはなくなりました。

Amazon Godoxソフトボックス60×60

Amazonのサイトはこちら↑

1番の理由はセッティングと片ずけの手軽さの割に光が断然にキレイ。そして値段も手頃。

光がキレイでも、セッティングと片付けでモタつくのは禁物です。これはなんと言っても、時間の限られたインタビュー撮影ではマストに重要です!

準備でモタモタして、片付けでモタモタしているとインタビューのお相手や同行のインタビュアーさんにも申し訳ない気持ちになる。

Godoxソフトボックスの

*良い点

・何と言っても、光がソフトになる。

・クリップオンストロボの光量調整のしやすさ。

・ストロボの装着、ソフトボックスの装着がしやすい。

*改善点

・マウントが大きい(常にポールにつけて移動しています)

・ソフトボックスを付けていると角度調整が難しい(ハンドルがソフトボックスにぶつかる)

これらの改善点を考慮しても、これからソフトボックスまたは傘などを購入予定の方は、

Godoxがおすすめです!

ちなみに、

ポートレート撮影で機材を選ぶ条件は以下の点です。

・携帯性

・手軽さ

・軽い

以上になります。参考程度にごご覧いただければありがたいです!

#機材 #撮影 #Godox #ストロボ #ソフトボックス

14回の閲覧