Category
Please reload

​Archive
Please reload

September 20, 2019

クラウドファンディングReady forにてプロジェクトを立ち上げたのですが(https://readyfor.jp/projects/kawa2019)、

どうも寄付の仕方がわかりずらいというお言葉を方々から伺いました。

プロジェクトを立ち上げるのも仕組みが面倒でしたが、寄付の仕方もアカウント作ってログインしなければならないとなると厄介なものです。

ご寄付の流れ〜

1、アカウント作成する

 ・メールアドレスで登録する場合。

  自分のEメールアドレスを打ち込むパスワードを

名前はなんでも大丈夫

・パスワードは8文字以上です。

 アルファベットの大...

September 4, 2019

前回に続き、Godoxソフトボックスの紹介です。

今回はこれを使うと、どのような作例ができるかご紹介します!

奥行きのあるスタジオ(壁は黒色)で撮影しました。

アンブレラより指向性があるので、光が周辺に拡散せずに人物だけを浮き上がらせた撮影ができます。

ストロボはクリップオンNikon SB-910です。

こんな感じで表現の幅が広がるので最近はアンブレラよりもGodoxを多用しています!

次回はプロフォトグラファーがどんな機材を使っているか紹介をします。

これからプロを目指す方の参考になればと思います〜。

M.Kawakami

August 17, 2019

こんにちは、今日はソフトボックスについて紹介します。

これまで仕事(ポートレート撮影)で傘を多用してきましたが、持ち運びには便利でも光質がイマイチでした。それでも今まで販売されていた、傘型のソフトボックスはセットもクリップオンストロボの光量調整もメンドくさい。

色々と考えあぐねたのですが、一年ほど前からGodoxのソフトボックス60×60を投入したので、今回はこれまで使用した感想と改善点を書きます。

結論から言うと、今では傘を持っていくことはなくなりました。

Amazon Godoxソフトボックス60×60

Amazonのサイトはこちら↑

1番...

April 2, 2019

5月17日から27日までフォトブックを作るワークショップに参加が決まりました!

テーマは以前に撮影していた東京枝川のストーリーをさらにブラッシュアップするべく参加します。

February 27, 2019

 オランダもですが、リサイクルショップやアンティークショップが多い。

置いてあるものはピンからキリまであり、ゴミか?と思うものもありますが

掘り出し物もたくさんある。

ここは吹き抜けの3階建て、まるでジブリ映画「コクリコ坂」の「カルチュラタン」を彷彿とさせる建物。

値段は高めだったけど、ともてワクワクさせてくれるお店でした。

November 11, 2018

 オランダはすっかり秋模様。

October 24, 2018

ずいぶんと前のことのように感じますが、、

情報アップデートで撮影を担当させてもらった

旺文社のことりっぷとマップルが発売されています。

どちらも情報が満載

なので、初めての方にはおすすめです。

また、レストランやガストロンパブはどこも美味しいので、

ロンドンで何を食べようか迷った時には、ほぼ間違いないでしょう。

個人的にはケンジントンのイタリアンのCarluccios (1 Old Brompton Rd, Kensington, London SW7 3HZ )

など。

また個人的には(雑誌に載ってませんが)WASABIのカツカレー(£6,4 ?)...

September 15, 2018

オランダに来て、2ヶ月が経った。

この2ヶ月は家探しから始まり、ビザの登録、事業登録、銀行口座の開設など細々したことが続いた。海外ならではの問題は様々起きているが、概ね良好に進んでいる。

これもイギリスでの2年間のお陰で、オランダの行政機関、銀行などの対応がイギリスに比べて素晴らしく親切なためだ。

イギリスでは何度も何度も煮え湯を飲まされ、悔しい思いをしたことか。日本からオランダに来た人が、日本の対応に比べてオランダを嫌になるケースがあるけれど、イギリスを経験して良かったと思う。

何より驚いたのは、バスの中でパスポートと銀行カードが入った愛...

August 20, 2018

ようやくオランダの生活が始まりました。

作業スペースを確保しました。

Start a new life in the Netherland.

I made a work space in my tiny room.

July 15, 2018

 海岸線は綺麗な景色が広がっている。高速からウェールズ地方のアングレシー島(Anglesey)(リバプールからほど近い)に入ると、ウェールズ語と英語の両併記の看板になる。

 天気はこの2日間あまり良くない。ごくたまに雲の切れ間から太陽と青空が見えるのはイギリス的な風景だ。

今回、滞在した漁村Cemaes(クマエス)は日立の原発立地予定ちにほど近い漁村で小さなホテルが数件(この小さな村には多いのではないか)あり、郵便局兼雑貨屋(食品も買える)や薬屋兼家電・おもちゃ屋、床屋などがある。村はお年寄りと観光客らしき人がちらほらいる。

車を走らせて...

Please reload